タケシタヨウコスタイル
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
伊勢丹新宿にて春の新作を販売します!
IMG_0930.JPG

Yoko Takeshita Satoyama Creation 2017WS
in 伊勢丹新宿

九州のお臍といわれる大分県竹田市の里山に住み、
四季移ろう景色の中で出会ったものごとを、
絵を描くように糸で編む。
草花、苔、水、風、空、大地、動物や人々、記憶の中の風景。
地球の恵を色彩で纏う、それが、竹下洋子の里山クリエーションです。

このたび、伊勢丹新宿店で開催される「九州展」に出展します。
期間中、竹下洋子は会場に居ます。
ぜひ、お誘い合わせの上ご来場いただければ幸いです。

催事:九州展
日時:2017年1月18日(水)〜23日(月)
   10時〜20時 最終日は18時終了
会場:伊勢丹新宿店本館6階催物場
お問合せ:0974-70-5309(期間中は転送されます)

*「なぜものつくりの移住先として竹田を選んだのですか?」
竹下洋子のインタビュー記事が伊勢丹新宿店のホームページにて紹介されました。会場内のブース案内もこちらでご確認下さい。
http://www.isetanguide.com/20170118/kyushu/contents04.html
博多リバレインでの年末展示販売イベントのお知らせ
年末も押迫ってまいりましたが、博多リバレインでの展示販売をします!


~Yoko Takeshita Satoyama Creation 2016-17AW~

日時:2016年12月23日(金㊗️)〜30日(金)12:30~19:30
竹下は23日に会場に居ります。

場所:宮田織物リバレイン博多店
福岡市博多区下川端町3-1リバレイン博多地下2F
Tel:092-292-4033

南青山ギャルリィワッツさんでの個展はおかげさまで大盛況でした。
皆様ありがとうございました!

さて、お待たせしました、
次は博多リバレインでの今年最後の展示販売です。

宮田織物さんは創業100年の久留米絣の素晴らしい会社です。

http://miyata-orimono.co.jp

私も今年、工場見学させていただきましたが、手作りにこだわった織物の会社で、とくに半纏は様々な織り模様や中綿にも種類があってバリエーション豊富です。八女にある「うなぎの寝床」さんや、D&DEPARTMENT FUKUOKAでも販売されてます。

ご縁あって織物の会社様の素敵な直営店で、編みの私の作品をご紹介させていただく事になりました。「糸」つながりでなんだか「赤い糸」の運命を感じます。

実は、思い起こせば20年前に、私が東京でニットブランドを始めた頃、自分の工房でひとりで編み機で量産してましたが、だんだんお取引先が増え始め、量産工場を探してた時に出会った、九州のニット工場でとても素晴らしい営業をされてた友人Hさんが結んでくださったのです
20年来のおつきあいからはじまる新たなご縁。
これからも大切に育んで行きたいと思っております。

博多へお越しになられる際は、ぜひ、リバレイン宮田織物へお越しいただき、竹下洋子の里山クリエーションを体験してみてください。皆様の御来場を心よりお待ちしております。竹下は23日のみお店に居ります。
南青山で新作展2016年12月12日から
<個展の御案内>

IMG_0681.JPG


竹下洋子は、九州のお臍といわれる竹田市の里山に
移り住んで一年半。
「Yoko Takeshita Satoyama Creation」として、
里山での生活とクリエーションが一体となった制作活動を実践して行きます。

来年2017年からは本格的にその活動をまるごと引っ提げて、
東京都心の百貨店を中心に各地での発表を行っていく予定です。

その第一弾として、来週12月12日(月)から17日(土)まで、
20年来お世話になっている南青山ギャルリィワッツさんで
新作展を開催します。


Yoko Takeshita Satoyama Creation
土の中の光、お日様に照らされて目を覚ます色、
大地から生まれでるかたち。
一目一目の編目がリズムと音になり、森の音楽を奏でます。


2016.12.12(mon)〜17(sat) 12:00~19:00(最終日は17時まで)
港区南青山5-4-44 ラポール南青山#103 赤レンガのマンション内
tel:03-3499-2662


今回の新作のテーマカラーは「土」。
土の色をベースカラーに、さまざまな色との絡み合いの中で編み込まれたグラデーションカラーのニットたち。
大地から生まれる色彩に身を包み込んでみてください。

竹下洋子は、12日と13日だけ会場に居ます。
その後は、永年Yokoを取り扱っていただいているギャラリィスタッフの方がいつでもいらっしゃいますので、
ぜひご試着をお楽しみ下さい。
皆様にまたお会いできる事をとても楽しみにしております。

竹下洋子
帆足本家で個展
<個展のご案内> 



このたび、念願の大分市戸次にある酒蔵、帆足本家富春館で個展を開催します!
女将の帆足めぐみさんとは2011年から、この構想がずーっとありまして、
やっと実現します。当初は、ファッションショーも酒蔵で開催したいね!ということも含めて話が始まってたのですが、
酒蔵の管理面で難しく、ショーは今のところ難しそうです。
新作だけ、母家の庭に面した和室で、ゆったりとインスタレーションします。

竹下洋子の世界を皆様に体験していただきたいと思っております。




会場:帆足本家富春館 大分市中戸次4381 TEL: 097-597-0002
期間:2016.11.12(土)〜11.23(水.祝日)月曜定休

<Yoko Takeshita Satoyama Creation2016-17AW>

大地は、あらゆる色の種子をはぐくんでいる。
地上に生まれ、お日様に恋して色づく。
土の中の光、お日様に照らされて目を覚ます色、
大地から生まれでるかたち。
一目一目の編目がリズムと音になり、森の音楽を奏でます。
九州の奥地の里山に住んで一年が経ちました。
竹下洋子の里山クリエーションをぜひ纏い、ご鑑賞下さい。
帆足本家内は、カフェ、ギャラリー、食の蔵、和菓子店、日本庭園、酒蔵など、ゆったりと落ちついた時間の流れを満喫していただけます。
皆様の御来場をお待ちしております。
竹下洋子

この秋の、月辺りの家のオープン日のご案内


月辺りの家を、またオープンします!

<開催日>
9月22日(秋分の日)
9月25日(日)
10月2日(日)
OPEN 12:00〜17:00

<場所>
大分県竹田市大字会々1997別棟 
Yoko Takeshita Gallery house 月辺りの家

<連絡先>
Email:info@yoko-labo.jp
TEL:0974-70-5309

<ホームページ>
tukiatarinoie.com

先日は一周年で二日間オープンしましたが、あいにくの台風のため、
予定された方がこれらくなったり、一方では遠方からネット情報を見て来てくださったり。
ニットはこれからがベストシーズンです。

ご要望におこたえして、秋冬個展シーズン前に三日間だけオープンします。
10月半ばからは、各地で開催する個展のため、「月辺りの家」には作品が少なくなります。
この三日間に竹田の「月辺りの家」までお越しいただければ幸いです。
まだまだ一周年企画として、お買い上げいただいた方には特典をご用意しております。
ぜひ、秋の竹田散策も含めてお越し下さいませ!!

竹下洋子

*写真の作品は、オリジナルテキスタイルとと編みをからめたオブジェアクセサリーシリーズです。これからのシーズンのコーディネイトに!「月辺りの家」にはたくさん揃っておりますよ。
月辺りの家の一周年



「月辺りの家」を二日間オープンします!

大分県竹田市のYoko Takeshita Galleryshop 「月辺りの家」は、
9月に一周年を迎えました。

普段は完全予約制ですが、9月は二日間だけ空けます!
これから着れるニットウェアも揃ってますよ。
各種カード決済も可能です。

期日:2016年9月18日(日)ー19日(敬老の日)
営業時間:12:00ー17:00
場所:大分県竹田市大字会々1997別棟
TEL:0974-70-5309

この二日間で御来場いただいた方には、作品ご購入の際に、ちょっとだけ特典をご用意しております。来られてからのお楽しみです!
竹田湧水で淹れたお茶とささやかなお菓子をご用意しております。
どうぞ、秋のはじまりの竹田へお誘い合わせの上お越し下さいませ!

竹下洋子
月辺りの家の8月営業は延期します。
<お知らせ>

「月辺りの家」の8月6日−7日の営業を延期させていただきます。

布団山と糸コーン山とカラーボックス谷に囲まれた最近の私です。
念願の里山一軒家に引っ越し中です。



ここは、主にニット制作アトリエになります。

まだまだ引っ越しが終わらず、「月辺りの家」8月の開催が難しくなりました。
秋から始まる個展の制作のための場所作りに、今月は専念したいと思います。
御来場を予定されていた方には誠に申し訳ありません。

しかし!来月はじめが、「月辺りの家」の一周年です。
何かイベントをやりたいと思いますので、決まり次第お知らせします。

竹田へ生活と制作の場を移して一年二ヶ月が過ぎました。
これからの「月辺りの家」は、竹下洋子の最新作品の発表の場として、
ますますギャラリィとしての要素に特化して行きます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

竹下洋子

*追伸
この二日間にすでに竹田へのお越しを予定されていた方は、個別にメッセージいただければ、予約制にて対応させていただくことにしました。6日の午後以外であれば時間調整できます。
fbメッセージ、またはinfo@yoko-labo.jpまで。
「月辺りの家」の夏の営業
<お知らせ>



8月二日間だけのYoko Takeshita販売会を開催します。

期間:8月6日(土)ー7日(日)12:00~17:00
場所:月辺りの家 竹田市大字会々1997別棟
連絡先:0974-70-5309
メール:info@yoko-labo.jp


夏から秋にかけても着れるニット、Tシャツなどなど。



通常は予約制となっておりますが、この二日間だけオープンしてますので、
お誘い合わせの上、お越し下さいませ。

この季節の竹田は、中島公園河川プールや久住高原など、ご家族そろって楽しめるベストシーズンです。竹下がオススメの場所などお知らせしたいと思います。もちろん、温泉もあちらこちらに!!


2016年の夏の濃い思い出を、竹田でぜひ!!


泊まりがけで来られる方は、メッセージくださいね。
宿や、オススメコースをお知らせしたいです。

まだまだ竹田は梅雨が明けてません。
今年の夏は、すごく暑くなりそう。
だからこそオススメは、冷たい湧水河川プールですよ!

スイカやビールを川で冷やしてみてくださいね。


月辺りの家の営業日変更のお知らせ
<お知らせ>

大分県竹田市にあるYoko Takeshita gallery house 月辺りの家は、
2016年春より、完全予約制のプライベートショップとして営業いたします。

メールまたはお電話でご予約を頂いたお客様にじっくりと竹下洋子の作品をご覧いただき、
ゆったりとお買い物もしていただけるように、営業スタイルを変更させていただきます。

竹下洋子オススメの竹田の場所や食、その他の色とりどりの情報満載にお茶話をしながら、
お客様に竹田滞在を楽しんでいただけたら幸いです。

2016年春夏コレクションのテーマは、
『水と緑と風のシェイクハンド』


今まさに感じられる九州奥地の里山の風景。

日々その中で、即興で編み出されたニットコレクションであり、
全て竹下洋子が制作した一点モノたちです。

ぜひ、お誘い合わせの上、新緑の最も美しい竹田へお越し下さいませ。

お買い物に便利な各種カード決済も準備しております。
<お問合せ先>月辺りの家
Tel:0974-70-5309 (留守の時は転送されます)
Mail:info@yoko-labo.jp
住所:大分県竹田市大字会々1997別棟
URL:tukiatarinoie.com
2016GW  竹下洋子塾開催決定!
ゴールデンウィークに、二つの企画をたてました。
共通するテーマは、『九州の奥地、竹田の新緑を描こう』



<その1>:里山スケッチ塾(竹下洋子流)
<その2>:手描き手ぬぐいを染料絵具で描こう(竹下洋子流)
竹下洋子がオススメする、城下町の緑の名所と、そのまわりに広がる里山の風景の風と水と緑と音をカラダに浴びて、五感で感じるままに、心と感性のフィルターを通して描く「新緑の心象風景」。竹下洋子流の描き方を、その人それぞれの絵の個性に応じてアドバイスします。


<その1>里山スケッチ塾
城下町の緑の名所を歩いて巡り、車でトンネルを抜けて里山へ移動、川辺でランチタイム後、スケッチをします。終了後は竹下洋子のギャラリィハウス「月辺りの家」へ移動し、作品の講評会とお茶会(和菓子と湧水茶付き)。

開催日:4月30日(土)10:45〜17:00頃まで
城下町緑の名所散策は一時間程、ランチタイムは30分程、スケッチタイムは1時間30分程、講評お茶会は一時間程の予定です。

集合場所:竹田市城下町の歴史資料館駐車場に10時45分に集合。

定員:10名(高校生以上の方限定。 小さいお子様連れのご参加はご遠慮願います。)

参加費:2500円(指導と講評とおにぎり弁当と、但馬屋老舗の和菓子と湧水茶付き)

材料:各自で持参。スケッチブック、水性絵具、筆記用具、パレット、水入れ、その他の使いたい材料。イス、敷物など、屋外でのスケッチに必要なもの。準備ができない方は、参加申込時に材料を申し込んでいただき、当日実費を頂きます。

雨天時は中止となります。

食事:竹下洋子がつくる里山おにぎり弁当が参加費に含まれます。スケッチ場所で里山ランチタイム

交通手段:城下町散策後に、各自の車で一緒に里山へ移動します。マイカー移動が出来ない方は、参加者の車に乗り合いをお願いします。

参加申込方法:fbメッセージ、または、info@yoko-labo.jpへメールでお申し込み下さい。お名前、ご住所、連絡先(携帯番号)、材料の準備が必要な方は申し込んでください。尚、講評会会場の「月辺りの家」は、スペースが狭いため、塾に参加される方のみ御入場とさせていただきます。小さいお子様連れのご参加はご遠慮願います。

申込締め切日:4月26日(火)まで。



<その2>手描き手ぬぐいを染料絵具で描こう

城下町の緑の名所を歩いて巡り、車で移動して稲葉川沿いの三日月岩の河川敷でランチタイム後、「月辺りの家」へ移動して、描き方の指導の後、手ぬぐいを制作します。その後、講評お茶会(和菓子と湧水茶付き)。手ぬぐいアイロンかけ後、解散します。各自制作した手ぬぐいはお持ち帰りいただきます。

開催日:5月4日(水)10:45〜17:00頃まで

城下町緑の名所散策は一時間程、ランチタイムは40分程、描き方指導は30分程、手ぬぐい制作は1時間程、講評お茶会は1時間30分程の予定です。

集合場所:竹田市城下町の歴史資料館駐車場に10時45分に集合。

定員:7名(高校生以上の方限定。 小さいお子様連れのご参加はご遠慮願います。)

参加費:3800円(お弁当、生地&染料絵具、指導と講評と但馬屋老舗の和菓子と湧水茶付き)

材料:手ぬぐい生地と染料絵具はこちらで準備します(参加費に含まれます)。その他の筆やパレット、水入れなどのお絵描き道具をお持ちの方はご持参いただければ助かります。

雨天決行します。

食事:ランチはお弁当を用意します(参加費に含まれます)。

交通手段:城下町散策後に、各自の車で一緒に三日月岩へ移動します。マイカー移動が出来ない方は、参加者の車に乗り合いをお願いします。

参加申込方法:fbメッセージ、または、info@yoko-labo.jpへメールでお申し込み下さい。お名前、ご住所、連絡先(携帯番号)、尚、講評会会場の「月辺りの家」は、スペースが狭いため、塾に参加される方のみ御入場とさせていただきます。小さいお子様連れのご参加はご遠慮願います。

申込締め切日:4月26日(火)まで。

以上、新緑の竹田で皆さんと楽しい絵を描く時間をすごせることを楽しみにしております!

竹下洋子

<竹下洋子プロフィール>
長崎生まれ
東京芸術大学大学院美術研究科油画技法材料研究室終了
ニットブランドYoko Takeshita主宰
大分県立芸術文化短期大学デザイン専攻科非常勤講師
2015年から竹田市在住