タケシタヨウコスタイル
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 月辺りの家ーYoko Takeshita Gallery Shopがオープンします。 | main | 「月辺りの家」は9月の連休もオープンします >>
秋の竹田のアート、文化、自然観光を満喫して!
明日12日から、竹田アートカルチャー2015がはじまります。
これからが竹田はベストシーズン到来です。



10月3日までの土日祝祭日のみの10日間の開催です。

竹下洋子の「月辺りの家」も、9月20日以外は、この開催にあわせて土日祝日オープンします。

明日から県内外から、竹田マニア?が続々と密かに?集まってくる予感です。
この町の魅力は、取り憑かれたらハマる、でもわかる人にはわかる、、
そんな、個人の感性にダイレクトに貫通する情緒ある風景の町。
城下町は、歩いてまわれる程よい広さ。
そして、レンコンのように城下町を覆っている懐かしいいくつかの洞穴トンネルをぬけると、
がらりと景色が変わります。
抜けるトンネルによって、まったく違う世界と景色。
もうミラクルシティといえるかも。

憧れの原風景的な久住高原、
祖母山景の優しく深くワイルドな限りなく透明な水の景色、
心温まるトマトの荻町、、。

阿蘇山の風が吹き抜けるこの町は、独特の風の音と水の音が絡み合い、
もう、しばらくどんな素晴らしい音楽も、いらない、、という気持になります。

竹田湧水群散策もぜひオススメです。手ですくって、ごくりと飲んでみてください。
カラダ中に地球のピュアなエネルギーが巡ります。
湧水が湧くということは、その土地の、
太古の昔から現在までの営みが地球の中でも冒されない強さがあるということかしら。



なぜにこんなに限りなく透明なの?人の心まで透明にするようなパワー。



みさなん、出来れば少なくとも一泊して、
九州のおへそといわれる秋の竹田の自然を十分に満喫しにいらしてください。

と言いつつも、、わたしはまだまだ竹田観光は未熟者ですから、
街中の案内所等には、詳しい観光案内もおいてあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

最後に、竹田で見る星空はここだけのもの。視力のいい娘が、ぎゃー!!と声を出すくらいのたまげる星空です。

月辺りの家 竹下洋子

月辺りの家ーYoko Takeshita gallery house
大分県竹田市大字会々1997別棟
tel:0974-70-5309
Eメール:info@yoko-labo.jp
ホームページ:tukiatarinoie.com
営:土日 11:00〜17:00
変更の場合もあるので、ホームページで確認を。予約の場合はメール受付にて平日営業あり。
販売:各種カード使用可
P:5台(月函の下の川沿いの空き地)
おたまや公園のPも使用できます。