タケシタヨウコスタイル
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いつもココロにモヘアを〜 | main | 2016年の春までの活動報告 >>
Yoko come back to Beppu!!!
懐かしき濃い思い出の場所である別府へ、竹下洋子が帰ってきます、新春三日間!!
Yoko come back to Beppu!!!

1月9日、10、11三日間です。

12509162_1204357876245001_2488599607853427612_n.jpg

私は別府に、2010年から制作の拠点として2013年まで4年間を過ごしました。

IMG_1037.jpg

洗濯物がひらひらとなびくトタン屋根や空き地のトタン壁。その廃屋と隣り合わせのなんとも哀愁漂うノスタルジー。

IMG_8012.jpg

いつも煮詰まったり、思考を開放したくなったり、ものごとを確認すべき時や、指南を欲しい時などに駆け込んだ喫茶アホロートルにて、若くして妖艶なふたりの女性を撮影。

そんな別府は、私にとっては時々戻りたい場所であり、帰る場所になっている。
そう、もちろんそれは、そこで出会った語り合える友人達がいるからでもあるだろう。

いつも思う。

私はお酒が好きだが、お酒の味は、味わう場所の空気感と混ぜ合わせたカクテルだと思う。

一緒に酒を交わす仲間もブレンドされて、そこでしか味わえないお酒となってしまうのだ。

別府は女子呑み会がとても似合う場所。
それは、たくましく生きてきた様々な女のストーリーが路地裏の隅々に沁み込んだ街だからだろう。
DSC_2914.jpg

友人の宮川園ちゃんが、あるとき、写真家の藤田洋三氏から言われたんだと私に話してくれた言葉、
「園、おまえはワリィオンナやなぁ〜」

「ワリィオンナ」。
たぶん別府弁だとおもう。

その言葉は私の感じていた、別府女子呑み会にぴったりだった。

ワリィオンナノ会はそこからはじまった。

2~3回ほど開催して、ここ四年ほど、幻となっていた別府女子呑み会。

何か話すたびに、『そりゃぁわりぃわぁ〜」と言おう〜!笑。

という事で、1月10日18:30から開催します!宮川園ちゃんのキッチンスタジオである、スタジオ.ノクードにて。
ワリィくない女子も大歓迎!男子禁制。会費1500円。飲み物持ちより大歓迎!!

料理は、竹下洋子の故郷である長崎県雲仙市の新ジャガイモと雲仙鹿牧場の鹿ヒレ肉を使った、竹下洋子の色彩の世界に対抗するかのようなカラフルな料理を、宮川園ちゃんが作ります!

竹下洋子が竹田の里山で制作した新作ニットも、新春初売り展示販売します。

洋子と園と新年会で盛り上がりましょう〜!
女子は遊びに来てね!

今年もどうぞよろしく!!!

竹下洋子